(2016/10/31)

*このメールはHTML形式です。うまく表示されない場合には、以下のURLからでも読むことができます。
http://s1.iec.u-tokai.ac.jp/modules/tinyd9/index.php?id=8


はじめに

いよいよ建学祭の季節ですね。また、第10回東海大学の国際フェアーも開催されます。多くの学生や近隣の方々がキャンパスを訪れ、活気がみなぎることでしょう。
東海大学の「国際教育センター」(通称・国セン)からのメルマガ(国セン発メール便)をお届けします。今月も外国語学習や留学などに役に立つ情報が満載です。


もくじ

(1) リレートーク
 「エルサとニーチェ」
 佐原 雅通

(2) Defining your Identity
 田中エリス 伸枝

(3)2016年度To-Collaboの取組
 田辺加恵

(4) 国セン情報

(5) 編集後記

(1) リレートーク
「エルサとニーチェ」
佐原 雅通

 4月から1年生の授業で、iPadを使って”Let It Go“のドイツ語版を視聴し和訳している。学習した文法項目で理解できる歌詞を順不同で読み進める形式である。春セメで全体の70%を理解できるようになる。歌詞の中に興味深い一節がある。”Nur ein Gedanke und die Welt wird ganz aus Eis.“で、「考えただけで、世界が凍りつく」という意味になる。エルサは「考えただけで」全世界を凍りつかせる。個人が世界と対峙する構図が浮き彫りになっている。過去と決別したエルサの高揚は、英語版以上に繰り返される”Ich bin frei.(私は自由)“に極まる。「自立する女性への賛歌」が想起されるが、それがすべてではない。
 F.W.ニーチェ(1844〜1900)は『悦ばしき知識』(1882)の中で、「エッケ・ホモ(この人を見よ)」と題した詩を書き残している:

    そうだ!私は自らの生い立ちを知っている
    私は炎のごとく飽くことなく燃え続け、身を焦がす
    私が掴むものはすべて光になる
    私が離すものはすべて炭になる
    ― 私はたしかに炎なのだ

 ニーチェの「私」は、飽くなき生への衝動で世界のすべてと対峙・対決する。究極の自己実現が自己破滅と表裏一体になった「超人」的な人間像である。エルサの「雪」とニーチェの「炎」。対極にあるように見える。しかし、雪女とは異次元の「雪」のパワーも、エルサが歌い上げる”dein wahres Ich(真の自我)“から迸り出ている。自己実現への執着はニーチェに劣らず凄まじい。両者は、自己実現という名のコインの裏表なのである。「アナ雪」は「自立する女性への賛歌」にとどまらず、性差を越えて自己実現を希求する「真の自我への賛歌」といえるかもしれない。12月には、教室でエルサとニーチェを比較できるようになっている。

 リレートーク、次回は英語教育部門の宮崎啓先生です。先生は長年、高校の先生をされており、この4月に国際教育センターに着任しました。お楽しみに。

プロフィール
(さはら・まさみち)
国際教育センター国際言語教育部門教授。島根県松江市出身。中央大学大学院独文学専攻博士後期課程単位取得退学。主要論文:「ドイツ・ロマン派風景画の植生の発見―C.D.フリードリヒ、A.v.フンボルト、C.G.カールスが自然に見た神性」、「科学と芸術の統合―A. v.フンボルトの「自然絵画」とカールスの「地球生命画」におけるエコロジー」、「地質学とドイツ・ロマン派風景画」。ムードル教材“Kurse an der Tokai-Universität” (http://kurse.o-daf.org/)

 (2) Defining your Identity
田中エリス 伸枝

 みなさんサードカルチャーキッズという言葉を知っていますか? 大人になるまで自分の親の文化以外で大半の時間を過ごした人たちのことです。帰国子女とは違い、サードカルチャーキッズは「あなたはどこ出身ですか?」という単純な質問に答えられない人が多いのです。私もその一人で、20歳になるまで5カ国で育ちました。そのため自分のアイデンティティーがわからない時期が大変長かったことです。でも、オーストラリアに住むようになってから自分を理解することができるようになりました。また、大学では一生の友達を作ったり、自分の専攻以外に語学を勉強したり、色々体験したのが今役にたっています。

 オーストラリアという国が私のアイデンティティーにどのような影響を与えたのか、みなさんと少しシェアしたいと思います。

Many people say that university is the best time of their lives. This depends on what the “best” means, but it was certainly the best time for me to understand my identity and build lifelong friendships. Why am I talking about my identity? Because I was not sure who I was until I entered university. Usually, it’s not too complicated for someone to say, “I am from Japan and Japanese.” But for me, this question was tricky to answer.

If you can’t provide a straight answer to questions like “where are you from?” or “which country are you from?” then you might be a “third culture kid (TCK).” The term TCK was created by an American sociologist, Ruth Hill Useem, to describe people who spent a significant amount of time growing up outside of their parents’ culture. Before I turned 20, I spent my life in 5 different countries: Japan, UK, the Netherlands, Singapore, and Australia. While growing up, I didn’t have a home country, or town, but my home was whichever country I was living in. My life as a TCK started when I was only one year old when we moved to the UK. Growing up as a TCK was an endless repetition of excitement and struggles. When I was very young, I believed that I was British for a while. According to my father, every time my parents’ colleagues and friends commented that I looked like a cute Japanese doll, I used to say to them: “No, I’m English!”

Whenever we moved to a different country, I was so excited to explore new things and cultures, but at the same time, I started to question about my identity. My father was working for a Japanese governmental organisation so my family was an official guest in these host countries. We were seen as “guests” from Japan, although I didn’t know much about Japan, so I felt strange to be identified as Japanese.

According to David C. Pollock and Ruth Van Reken, the authors of Third Culture Kids: The Experience of Growing Up among Worlds, a TCK builds relationships to all of the cultures, while having no full ownership in any. So this explains why I see all the countries I lived in are not my own, but feel very close to my heart.

So, how was my life as a young adult TCK? I was in Australia when I was around your age.

I lived in a college (= a dormitory in Australia) called International House (IH), where Australian students and international students lived under the same roof. I lived there for two years during my undergraduate years at the University of Melbourne. At the college, I was often asked where I was from, the question that I felt reluctant to answer, especially when I was from “Singapore” at that time. IH was a good place to meet new people, get some support for study, and settling into the university life, but students usually moved out with their friends to share an apartment. So, I did I the same. I moved several times, sharing apartments or houses with different people. Most of them were Australians but I also lived with people from India, Japan, Malaysia, Serbia, and Taiwan as well. After moving out from IH, I noticed that people stopped asking where I was from. I suddenly started to feel at home in Melbourne and people around me thought I was born and raised in Australia. Actually, Australia was different from other countries I lived in. It is multicultural, multi-racial, and often very accepting towards people from outside. I met many TCKs in Australia compared with other countries I lived in, so I could talk to someone like me and exchange thoughts.

At the university, I studied a variety of subjects, including Political Science, Sociology, Linguistics, and Languages (French and Chinese). Although I chose Linguistics as my major, language subjects were also fascinating to me. In my language classes, I met many students who were taking double degree courses (e.g., Engineering and Chinese, Commerce and French, etc.). Some students wanted to know more about their parents’ cultures, some were just curious about other countries, and some studied to boost their job prospects. The Australian government considered foreign language education as very important because it helps develop better understanding of people from different cultures. I studied French during my first year and then studied Chinese for two years. Surprisingly, the knowledge I gained from these foreign language courses is still useful now. For example, when I visited Beijing a few years ago to attend a conference I managed to explain to a taxi driver where my colleagues and I wanted to go, using my broken Chinese. Then the taxi driver suddenly became friendly and started to show us where things were and where we should go during our stay in Beijing. Showing even a little bit of understanding of different cultures and languages can help people open up to you, so that a simple taxi ride can suddenly be an interesting experience. Also, since we had language classes 3 times a week, my classmates and I became very close friends and we are still in contact with each other. Through these experiences during my undergraduate years, I naturally stayed at the same university until I finished my postgraduate degrees. As an adult TCK now, I noticed that I could go anywhere and be comfortable. Interestingly, when I went to Hawaii a few years ago for a conference, a local shop assistant asked me if I was from Hawaii. Similarly, in Singapore, a taxi driver asked me if I was from there.  It is quite interesting that some people thought of me that way because my ‘Australian’ husband thinks that my Australian accent is stronger than his. Due to the experience in Australia, I feel that my TCK background is my strength and my identity. If you ever have a chance to go overseas while you are at university, do so. If you want to learn foreign languages, try now. Because I studied languages at university, I have gained enormous personal experiences and I hope you can do the same.

プロフィール
(たなかエリス・のぶえ)
国際教育センター英語教育部門専任講師。コンピュータ支援言語学習と応用言語学専門。今の主な研究は反転授業とユビキタスラーニングによる学習の効果を測る方法を研究中。サードカルチャーキッドだったため、海外旅行好きで旅行中に現地の言葉を使ってみるのが楽しみ。普段はドライブやフォトグラフィーが趣味。

 

(3)2016年度To-Collaboの取組
 田辺加恵

 今日は、現在国際教育センターの教員が行っているTo-Collaboの取組「外国人の視点に立脚した新たな伊勢原市の観光資源創出」について紹介させていただきます。

 To-Collaboとは、ご存知の通り、文科省の公募事業である「地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)」の資金を受けて東海大学が行っているプログラムのことです(詳しくは、http://coc.u-tokai.ac.jpをご覧ください)。私たちの取組は、外国語を用いて伊勢原市の観光振興を応援していこうとするものです。

 活動は主に二つの柱から成っています。一つ目は、外国人にどこが「日本の魅力」と思うかを尋ね、それを写真展にして紹介する。実際に日本で撮った写真を送ってもらう場合もあります。この活動は既に実施中ですが、普段私たちが何気なく目にしているもの、使っているものが、彼ら外国人の目にはおもしろいと映っていることがわかり、驚かされます。二つ目は、この「外国人の視点」を活かした「ディープ伊勢原マップ」作り。いわゆる観光地ではない、日常の生活に隠れた「日本の魅力」を伊勢原市のあちらこちらに見つけ、それをマップにしていきます。最近は、普段着姿の日本を求めて来日する外国人も多いので、そのような人たちに伊勢原市へ来てもらうことが狙いです。

 To-Collaboは教員だけの活動ではありません。外国語を履修している多くの学生さんたちが、既にその得意の語学力を活かして活動を手伝ってくれています。外国語はもちろん、観光や地域貢献活動に関心のある皆さんも、ぜひご協力ください。大学時代の良い経験・思い出となるのはまちがいありません!

プロフィール
(たなべ・かえ)
国際教育センター国際言語教育部門専任講師。大阪生まれ。東海大学に着任するまでは京都で暮らす。大阪外国語大学外国語学部イスパニア語学科卒業、大阪大学言語社会研究科言語社会専攻博士後期課程修了。博士(言語文化学)。専門はスペイン中世史。近年は外国語を通じた地域貢献活動にも関心を持っている。


(4)国セン情報

学内TOEIC を受けよう!
試験日 12月9日(金)

学内TOEIC (IP)の申込みは国際教育センター事務室で!

    申込み期間: 11月7日(月)〜11月15日(金)
    料金: 3,600円
    申込み場所:1号館1階C翼 国際教育センター事務室
    *定員330名(先着順受付)


学内TOEICを受験する人は、TOEIC模擬試験を必ず受けよう!
―無料で自分の弱点パートがその場で分かる!

学TOEICは独特の問題形式であり、また一定の出題傾向があります。学内TOEICを申し込んだ人は、事前にTOEIC模擬試験を受けて、問題形式を知り、また自分の弱いパートを把握しておきましょう。

TOEIC模擬試験の概要

問題形態

    ・Webによる即時採点、パートごとの正答率のフィードバック
    ・実際のTOEICの半分の問題数(100問)、半分の時間(1時間)

日時

    ・12月2日(金) 5時限目 (16:50〜) 
    ・12月5日(月) 5時限目 (16:50〜)
    ・12月6日(火) 5時限目 (16:50〜)
    ・12月8日(木) 5時限目 (16:50〜)

場所

    12号館 12-305教室

申し込み

    ・国際教育センターに設置しているサインアップシートに学番と氏名を記入するだけ。
    ・先着順受付。定員になり次第締め切り!
    ・無料!

ファティマ・マリッカール講師、スリランカの多言語教育、民族性と法システムについて国際学会で発表

 国際教育センターのファティマ・マリッカール特任講師は今年7月にはフィリピンのマニラ市にあるSanto Tomas大学で開催された第2回国際外国語学会で「スリランカの多言語教育」というタイトルで研究発表を行い、スリランカの法学院における言語政策を過去のものと比較しながら、将来の多言語環境における法教育の展望を発表しました。今年9月にはシンガポール国立大学で開催されたAsian Law and Society Association (ALSA)の学会に参加し、「スリランカの民族性と法システム」というタイトルで発表し、スリランカが西洋文化の法律に影響されながらも土着で適用される法も順守するという、ある種独特な法システムを確立してきた点を強調して述べました。


To-Colabo関連情報

公開講演のお知らせ
 「地域で取り組む 外国人観光客へのおもてなし」 講 師 旅館「澤の屋」 澤 功 (さわ・いさお) 氏

 東京・谷中にある「澤の屋」は、外国人に大変人気のお宿です。世界最大の旅行口コミサイト「トリップ アドバイザー」により、今年も「トラベラーズチョイスホテルアワード」を受賞。2015 年には 5 年間連続で 「エクセレンス認証」を受賞し、「殿堂入り」を果たしています。
 そんな「澤の屋」の主人である澤さんは、内閣府や国土交通省が中心となって選定した「観光カリスマ百 選」のお一人。また、観光庁が任命する「ビジット・ジャパン大使」として、インバウンドの発展のためにも 尽力されています。 イン バウンド着地型観光や地域振興にご関心の皆さま、「カリスマ」澤さんのお話を直接聞くまたとない 機会です。どうぞお見逃しなく。
(入場無料)

公開講演
 2016 年 11月14日(月) 17:00〜18:20(開場 16:50)
 会場:東海大学湘南校舎(平塚市北金目 4-1-1) 1 号館 2 階 B 翼 205 教室

伊勢原駅構内で写真展も開催!

 また、同じくTo-Collaboの一環で11月10日から17日にかけて、写真展「外国人の目から見た すてきニッポン」も開催いたします(場所は伊勢原駅改札入ってすぐの駅構内)。いわゆる観光地の写真ではなく、外国人の方々がおもしろいと感じて撮った日本の日常の風景の写真を集めました。これらによって日本人が気づいていない日本の魅力を再発見しよう、そしてそれらを観光資源として利用していこうというのが、本写真展の目的です。こんなところに外国人は魅力を感じているのかと驚かされ、それだけでも楽しいですが、特に異文化、着地型観光、地域振興などに興味のある学生さんには見ていただきたいと思います。

 お問い合わせ先 東海大学 To-Collabo プログラム「外国人の視点に立脚した新たな伊勢原市の観光資源創出」実行委員会 代表:田辺(email: kae-t[at]tokai.ac.jp  [at]を@に置き換えてください)


君のスコア―検定合格がみんなの力に!
外部試験結果を報告しよう!

 外部で受けた外国語の検定・試験等の結果を募集します。その画像を添付し、学生証番号と氏名を書いて、下のQRコードのメールアドレス(ir@iec.u-tokai.ac.jp)にメールを送信してください。送信された情報は、国際教育センターで厳重に管理・記録し、教育・研究活動に役立てられます。

単位認定されないか確認しよう!

 語学試験の合格・スコアの取得により、単位が認定される科目があります。自分が合格した検定級、スコアが単位にならないか、学部事務室や国際教育センター事務室で確認してみよう! (単位認定方法は事務室に問い合わせてください。)

対象資格・スコアの例(詳細は事務室で確認してください。)

    英語:  英語準1級以上、TOEFL-PBT500点以上、TOEIC650点以上
    中国語:    中国語検定4級以上
    フランス語:    実用フランス語技能検定4級以上、DELF A1以上
    ドイツ語:  ドイツ語技能検定試験5級以上
    コリア語:  ハングル」能力検定試験5級以上、韓国語能力試験1級以上
    ロシア語:  ロシア語能力検定試験4級以上
    スペイン語:    スペイン語技能検定6級以上、DELE A1以上


(5)編集後記

 最近、ICTによって世の中が便利になってその恩恵を受けることが多くなった。その中で便利になりすぎて、ちょっと残念なものが電子辞書である。私が学生時代は、辞書といえば当然のことだが、紙の辞書を意味していた。もちろん、電子辞書などというものはないし、そのような語すら存在しない。英語の勉強をする度に辞書を使うので、いつの間にか辞書がぼろぼろになって、その汚れた辞書が一種の「誇り」でもあったように思う。また、暇な時には、辞書をぺらぺらとめくり読みするのも楽しみであった。「へえ、こんな単語があるんだ」「これは英語で何というのかな」などと一人で辞書で遊ぶ時間が楽しかった。

 今は、電子辞書も低迷気味と聞く。スマホに辞書のアプリを入れて辞書として使うこともできるし、無料の辞書サイトもある。そうえば、いつの間にか私の机の上には紙の辞書はなくなっている。使うとすれば、書棚に置いているLDOCE、OALDのような大判の辞典である。それでも、最近できたての単語は掲載されていなので、結局ネットをググることが少なくない。ICTによって楽しみがなくなったって、デジタルネイティブの学生のみなさん、分かります?(YY)

国セン発メール便、次回の配信は11月30日を予定しています。


 ■メルマガ登録
 このメルマガへの登録は以下のURLからお願いします。携帯など別のアドレスに送ってほしい場合も以下のURLで登録してください。
http://s2.iec.u-tokai.ac.jp/wmm/cgi/acc.cgi?id=14645676599423
 ■メルマガ解除
 本メルマガの配信を解除したい方は以下のURLをクリックしてください。
$__click_url__$
■本メルマガへのご意見・ご感想・情報提供は、以下のURLからお願いします。
http://goo.gl/forms/PnA2vseUxzrmZ1Ng2
■本メルマガのバックナンバーは、国際教育センターWebサイトで閲覧することができます。


発行:東海大学 国際教育センター
http://www.iec.u-tokai.ac.jp/

メルマガ編集チーム
 アルモーメン アブドーラ(国際教育部門・常任広報委員)
 高橋 強(英語教育部門・広報委員)
 近藤 喜重郎(国際言語教育部門・広報委員)
 吉成 雄一郎(英語教育部門・国センIR委員)
 

プリンタ出力用画面 友達に伝える
留学生支援教育部門
東海大学Web学習システム

東海大学リンガポルタ

パスワードを忘れた方

WindowsのInternet Explorerに対応していますが、コンテンツの中には、スマートフォンでの学習も可能なものがあります。
以下のQRコードを読み込んでください。

Web学習専用ページへ。

国際教育センター事務室